立会外分売 テクノスジャパン 3666

立会外分売文字画像立会外分売

立会外分売 テクノスジャパン 3666

東証1部 信用
【情報・通信業】
SAP中心にERP導入を支援するITコンサル。
顧客管理システム(CRM)が第2の柱に

実施目的 流通株式比率の向上と流通株式時価総額の向上により、
     プライム市場の上場維持基準適合を目的とする。

評価 C スタンス 5:5 参加より

発表日 11/30 実施予定日 12/7~9

分売枚数 7040(発行株式に対する割合3.45%) 

申込上限 100

発表日終値 520円

前日終値 486円 割引率 2.88%
分売価格 472円

予想PER   18.51 実績PBR 2.36
業種平均        37.1                  4.42
(12/1終値時点での東証1部、情報・通信業の平均)

配当 13円 2.5%

優待 なし

業績 

 202003202103202203(会社予想)
月数121212
売上高76778197 6.8%8750 6.7%
営業利益282924 227.7%1020 10.4%
経常利益307958 212.1%1055 10.1%
当期利益130661 408.5%710 7.4%

増収増益見通し
2Q 経常利益進捗率65.4%

スポンサーリンク

コメント

発行株式に対する割合は3.45と高め
分売枚数は7040枚と多い
流動性は発表前の10日平均で1005.7枚と高い

流動性は高いが枚数も多い
業績は増収増益見通し
株価は業種的には割安感がある
下落基調にあり12/1に年初来安値を更新

スタンス
流動性も高いが枚数も多い
株価に割安感は若干感じられるが下落基調にある
調整が入ったが12/2午前の時点では戻っている状態
流動性の向上と再びの調整は欲しいところ
価格帯的に現状のままだと利益期待は低いがリスクも低い
条件が良くなれば参加で悪くなれば不参加レベル
諸々期待して実施日を待ちましょう
地合いの荒れにも注意は必要

参加、不参加は実施日の8:10までに予定のページに記載します。
前日にこの分売に対する考え等も
予定のページに記載しています。

間近に実施の立会外分売
中越パルプ工業,3877
日新,9066
大阪油化工業,4124
パシフィックシステム,3847
イトーヨーギョー,5287

立会外分売 お勧め証券
立会外分売 2021上半期 ベスト10 ワースト10
立会外分売 2020 ベスト10 ワースト10
立会外分売 過去実績一覧2019/5/~

 

スポンサーリンク

コメント