立会外分売 イトーヨーギョー 5287

立会外分売文字画像立会外分売

立会外分売 イトーヨーギョー 5287

東証2部 信用
【ガラス・土石製品】
コンクリート2次中堅。
マンホールからライン導水ブロックへ製品展開。
無電柱化製品など育成

実施目的 分布状況の改善及び流動性の向上

評価 C スタンス 5:5 

発表日 8/19 実施予定日 8/26~9/2

分売枚数 1700(発行株式に対する割合4.76%) 

申込上限 5枚 

発表日終値 1068円

前日終値 970円 割引率 2.99%
分売価格 941円

予想PER 9.17 実績PBR 1.08
業種平均 14.4      0.92
(8/20終値時点での東証1部、ガラス・土石製品の平均)
東証2部ガラス・土石製品の平均は20.67、12件

配当 8円 0.74%

優待 なし

業績 会社予想2022/03/
   売上高-6.6%、営業利益-24.8%
   経常利益-25.0%、当期利益303.5%
   減収減益見通し
   1Qでの経常利益進捗率-41.3%

スポンサーリンク

コメント

発行株式に対する割合は4.76と高い
分売枚数は1700枚と程々
流動性は発表前の10日平均で92.4枚と少なめ

流動性に対して分売枚数が多く不安のある量
業績予想は減収減益見通し
1Qの経常利益進捗率は-41.3%
株価には割安感があるが、これは特別利益によりPERが低い為
株価位置は既に調整が入っていて週末に年初来安値に

スタンス
流動性に不安があり業績も微妙
対発行株式比も高く重さのある分売
既に大きめに調整が入っていて
年初来安値の更新をしている
現状さらに売られてい状態で
レンジの下限も下に抜けてきそう
実施枚数は1700枚とそれほど多くないので
実施日までに流動性の向上と
朝の状況で反発期待の参加の可能性は少し持てるが
中長期目線はなく
イーブンな状態で実施当日に状況良ければ
参加レベルの心持がいいかと
正直なところ割安でもないのでスルーでも問題なし
同日の焼肉坂井ホールディングスと共に微妙案件の日

過去の立会外分売はありません

参加、不参加は実施日の8:10までに予定のページに記載します。
前日にこの分売に対する考え等も
予定のページに記載しています。

間近に実施の立会外分売
焼肉坂井ホールディングス 2694 トレード
テンアライド 8207
ブリッジインターナショナル 7039 
カネ美食品 2669
高見沢サイバネティックス 6424 トレード
ヒップ 2136 
タウンニュース社 2481
近鉄百貨店 8244
九州リースサービス 8596

立会外分売 お勧め証券
立会外分売 2021上半期 ベスト10 ワースト10
立会外分売 2020 ベスト10 ワースト10
立会外分売 過去実績一覧2019/5/~

 

スポンサーリンク

コメント