テオ ウェルスナビ 楽ラップ 4週目報告 さらに赤字幅拡大

テオ4週目暇つぶし
テオ4週目

こんばんはロボアドバイザーの話です。
さらに赤字幅拡大となっています。
相変わらず不安定な相場が続いています。

順位利益先週比
テオ−3393−969
ウェルスナビ−4432225
楽ラップ−4735−1594
−12560−4.2%−2338


では画像をどうぞ

ロボアドバイザー報告 4週目

テオ4週目

テオ4週目

ウェルスナビ4週目

ウェルスナビ4週目

楽ラップ4週目

楽ラップ4週目

コメント

さらに赤字幅拡大の一週間となりました。
トータル1万超えの赤字は変わらず酷い状況です。
不安定な状態はまだ続いていますが今のところ先物などは
良い感じの動きを見せていますので、来週は良い方向に
進んでくれるような気がしています。
4週目はウェルスナビのみがプラス収支で終わったことにより
2位と3位が入れ替わっています。
この3週間の動きとしましてはテオがコンスタンスに毎週−1,000
楽ラップがコンスタンスに毎週−1,500下げています。
ウェルナビは一回大きく下げた後に徐々に盛り返した感じで
三者三様な状態です。
三者三様なのはいいのですが、プラス圏でやって欲しいものです。
ではまた来週

今までロボアドバイザーのページ
ロボアド 入金
ロボアド 1週目
ロボアド 2週目
ロボアド 3週目

 

ここより下は常備掲載文になります。

入金日は2019/7/21です。

ルール
運用ルールですが基本何もしない入れっぱ投資です。
ウェルスナビと楽ラップは1番ハイリスク、ハイリターン設定
テオは設定ないのか?わかってないだけか?
とりあえずそのままです。
楽ラップはTVT機能(損失の緩和機能)は個性の1つと思い
付けることにしました。
図式としては米国ETF海外ETF日本ETFの感じです。
細かいこと気にせず純粋に数字だけ参考にして下さい。

ウェルスナビは緑の文字部分(−だと赤字)に22円のズレがあります。
これは1度出金した後に入った配当金等が残っていた為です。
今回は調整して10万円スタートになっていますので
黒文字部分をみていただくとありがたいです。
緑文字数字は−22円か0.2ドルすると正確な数字になります。

各社説明

ウェルスナビ
米国ETFで運用
手数料
3,000万迄年1.08%
3,000万超年0.54%
長期割あり
最低投資額 10万~

テオ
海外ETFで運用
手数料
3,000万迄年1.08%
3,000万超年0.54%
最低投資額 1万~

楽ラップ
国内投資信託で運用
手数料
固定報酬型(年最大1.372%~1.6816%)
投資顧問料+管理手数料+ファンド費用
成功報酬型(年最大1.272%~1.5816+運用益の5.4%)
投資顧問料+管理手数料+成功報酬ファンド費用
約2%の運用成果がでると固定報酬のほがお得
約70%が固定報酬型を選択しています。
最低投資額 10万~
TVT機能(損失の緩和機能)有か無か選択可能
メリット:大暴落時持ち株比率を抑えて損失を抑える
デメリット:相場が大暴落後の好転時に乗り遅れる可能性あり

詳細はロボアドバイザー各運用会社のサイトでご確認下さい。

 

コメント