ウェルスナビ 楽ラップ テオ 半値までは戻さず125週目報告

グラフ125週目暇つぶし(ロボアド等)

先週のロボアドバイザーです。
半値までは戻さず125週目報告

 現在値通算損益先週比
ウェルスナビ140,80740,807 40.8%3,781
楽ラップ125,68125,681 25.7%1,669
テオ120,05020,050 20.1%1,049
総計386,53886,538 28.8%6,499

赤がプラス
青がマイナスになっています。

ロボアドバイザー報告 125週目

画像は上からトータルの順位の順番となっています。

ウェルスナビ125週目

 

 

楽ラップ125週目

 

テオ125週目

 

 

グラフ125週目

 

 

詳細30週目迄

 

詳細60週目

 

詳細90週目

 

詳細120週目

 

詳細125週目

 

 

左からウェルスナビ テオ 楽ラップ 総計

 

コメント

ロボアド125週目報告
2週続けての大幅下落から半値近く戻しています。
オミクロン株に対しての下落は落ち着きを見せていて
取りあえずは反発している状態にありますが
今だ方向感は定まっていませんので
警戒は必要かと思われます。
ロボアドに関しては何もしませんので
今回の半値戻しを喜んでおきたいと思います。
週の頭は米先物も含めて良い感じで始まっていますので
今週もさらに半値戻しを期待しておきます。

ロボアド名現状の状況最高値との差額
ウェルスナビ1週目の上昇3,725
楽ラップ1週目の上昇2,658
テオ1週目の上昇2,753
1週目の上昇7,796

赤がプラス、青がマイナスで記載

今までロボアドバイザーのページ

ロボアド 10週目
ロボアド 20週目
ロボアド 30週目
ロボアド 40週目
ロボアド 50週目
ロボアド 60週目
ロボアド 70週目
ロボアド 80週目
ロボアド 90週目
ロボアド 100週目
ロボアド 110週目
ロボアド 120週目

ロボアド 35週目 最低値(新型コロナの影響)

ロボアド 121週目 過去最高値

ロボアド 122週目
ロボアド 123週目
ロボアド 124週目

スポンサーリンク

ここより下は常備掲載文になります。

全て100,000円スタート
入金日は2019/7/21

ルール
運用ルールですが基本何もしない入れっぱ投資です。
ウェルスナビと楽ラップは1番ハイリスク、ハイリターン設定
テオは設定ないのか?わかってないだけか?
とりあえずそのままです。
楽ラップはTVT機能(損失の緩和機能)は個性の1つと思い
付けることにしました。
図式としては米国ETF海外ETF日本ETFの感じです。
細かいこと気にせず純粋に数字だけ参考にして下さい。

ウェルスナビは緑の文字部分(−だと赤字)に22円のズレがあります。
これは1度出金した後に入った配当金等が残っていた為です。
今回は調整して10万円スタートになっていますので
黒文字部分をみていただくとありがたいです。
緑文字数字は−22円か0.2ドルすると正確な数字になります。

スポンサーリンク

各社説明

ウェルスナビ
米国ETFで運用
手数料
3,000万迄年1.08%
3,000万超年0.54%
長期割あり
最低投資額 10万~

もっと詳しくウェルスナビ知りたい方は
資産運用HACKSウェルスナビのページ
他サイトですがロボアド、ソーシャルレンディングを
詳しく解説してくれています。

テオ
海外ETFで運用
手数料
3,000万迄年1.08%
3,000万超年0.54%
最低投資額 1万~

楽ラップ
国内投資信託で運用
手数料
固定報酬型(年最大1.372%~1.6816%)
投資顧問料+管理手数料+ファンド費用
成功報酬型(年最大1.272%~1.5816+運用益の5.4%)
投資顧問料+管理手数料+成功報酬ファンド費用
約2%の運用成果がでると固定報酬のほがお得
約70%が固定報酬型を選択しています。
最低投資額 10万~
TVT機能(損失の緩和機能)有か無か選択可能
メリット:大暴落時持ち株比率を抑えて損失を抑える
デメリット:相場が大暴落後の好転時に乗り遅れる可能性あり

詳細はロボアドバイザー各運用会社のサイトでご確認下さい。

その他のロボアドバイザーも含めて
お勧めランキングを紹介しているくれているサイト
株のスタートアップサイト
他サイトですがロボアドバイザー及びスマホ証券の
ランキング等、初心者の方に優しいサイト

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

コメント