立会外分売 ハウスフリーダム 8996

立会外分売文字画像立会外分売

立会外分売 ハウスフリーダム 8996

福証Q-Board 信用
【不動産業】
南大阪を地盤に新築戸建て分譲、不動産仲介展開。
福岡も地盤。
地元密着徹底、建設請負も併営

実施目的 分布状況の改善及び流動性の向上

評価 D スタンス 4:6

発表日 11/10 実施予定日 11/17~19

分売枚数 2000(発行株式に対する割合4.87%) 

申込上限 20枚

発表日終値 756円

前日終値 710円 割引率 2.96%
分売価格 689円

予想PER  10.16 実績PBR 1.15
業種平均  37.2             1.89
(11/12終値時点での東証1部、不動産業の平均)

配当 40円 5.29%

優待 なし

業績 

 2020/032021/032022/03(会社予想)
月数121212
売上高10,40912,163 16.9%11,700 -3.8%
営業利益506969 91.5%570 -41.2%
経常利益454915 101.5%500 -45.4%
当期利益271559 106.3%300 -46.3%

減収減益見通し
経常利益進捗率 3Q 70.8%

スポンサーリンク

コメント

発行株式に対する割合は4.87と高い
分売枚数は2000枚と程々
流動性は発表前の10日平均で23.7枚と低い

流動性は低く分売枚数に対して不安がある
業績は減収減益見通し
株価には割安感はあるが地方上場銘柄
株価位置は760~820のレンジにあったが
分売の発表で今年の3月の安値まで現在調整している

スタンス
流動性は足りない状態で
朝の参考気配値が動き始めるのも福証ですので8:30から
配分も9:00を超えてくる可能性もあり
普通の分売としての参加は難しい状態にあります。
しかし株価には割安感(地方上場)があり
12月の一括配当は40円で5%を超えてくる
業績の減収減益もそれ程の酷さを感じないので
配当前まで引っ張っての売却狙いも可能性としてはある
ただ参加者が多く約定数が多い場合には
対発行株式比の高さもあり上値の重い展開は避けられない
資金に余裕があり少し気長に構えられる方は参加の検討も
基本的なスタンスは不参加が無難
面白そうですが12月に余裕資金はない

過去の立会外分売は確認できません

参加、不参加は実施日の8:10までに予定のページに記載します。
前日にこの分売に対する考え等も
予定のページに記載しています。

間近に実施の立会外分売
ヒューマンホールディングス 2415
オープンドア 3926
PR TIMES 3922

立会外分売 お勧め証券
立会外分売 2021上半期 ベスト10 ワースト10
立会外分売 2020 ベスト10 ワースト10
立会外分売 過去実績一覧2019/5/~

 

スポンサーリンク

コメント