IPO クリングルファーマ 4884 初値予想

ipo文字画像ipo

IPO クリングルファーマ 4884

評価 D スタンス 4:6 SBI証券のみ参加
   様子見の為に野村からも参加しています。

東証マザーズ 医療品
HGF(肝細胞増殖因子)タンパク質を用いた
難治性疾患の治療薬の研究開発

吸収金額 6.33億円

想定価格 950円

仮条件 950~1,000

当選枚数 580,000株 O.A.分 87,000株 売出比率 0.0%

BB申込期間12/10木~12/16水
当選発表日12/17木
購入申込期間12/18金~12/23水
上場日12/28月

幹事団

証券会社割当数(株)割合率(%)当選本数(単元)
野村證券464,00080.0418
SBI証券29,0005.0131
楽天証券17,4003.0174
SMBC日興証券29,0005.029
三菱MS証券17,4003.019
岡三証券5,8001.06
いちよし証券5,8001.01
東洋証券5,8001.0
エース証券5,8001.0

当選本数(ネット配分)は概算になっています。

岡三オンライン証券、auカブコム証券からの
申込もできます。

スポンサーリンク

コメント 初値予想

プラス要素小型 公募100%
ロックアップ マザーズ
マイナス要素業種 赤字

プラス要素
小型(6.3億円)のマザーズで需要面は優位性あり
公募が100%と印象は良い
ロックアップは1.5倍の解除項目もありますが
そこまでは上昇しませんので
プラスに働くと思われます。

マイナス要素
最近のIPO市場は
赤字のバイオに厳しい状態です。

スタンス
日程は単独上場になりますが
買い疲れもありますので
影響はあまりなさそうです。
小型VS赤字バイオの様相になります。
ファンペップよりも良い案件と思いますが
若干のマイナス着地とみています。
今後の仮条件や大手の予想などにも
注目していきましょう
今のところSBI証券からのみの参加予定です。

第一印象の初値予想は800~1,050でお願いします。
これ以降の予想は予定のぺージにて行います。

仮条件等、各社割当、後日追記します。

 

スポンサーリンク

間近IPO
ファンペップ 4881 
東和ハイシステム 4172 
SANEI 6230 
東京通信 7359
グローバルインフォメーション 4171 
交換できるくん 7695 
ENECHANGE 4169
Kaizen Platform 4170
ウェルスナビ 7342 
ヤプリ 4168 
ポピンズホールディングス 7358
いつも 7694 
インバウンドテック 7031 
ココペリ 4167
かっこ 4166 
オーケーエム 6229 
リベルタ 4935 
ビートレンド 4020 
プレイド 4165
ローランド 7944 
バルミューダ 6612 
Fast Fitness Japan 7092
スタメン 4019
ビーイングホールディングス 9145

そしてこちらも
新規公開株 始めるならお勧め証券会社
証券会社 IPOルール一覧
IPO実績 一覧 2019/5/~
ブログ開始前の個人的な実績はこちら

スポンサーリンク

コメント