ウェルスナビ テオ 楽ラップ 2週連続の若干の上げ42週目報告

グラフ42週目暇つぶし(ロボアド等)

先週のロボアドバイザーです。
2週連続の若干の上げ42週目です。

 現在値トータル利益先週比
ウェルスナビ92,7037,2972,427
テオ91,0958,9051,926
楽ラップ90,9399,061113
274,73725,263 8.4%388

赤がプラス
青がマイナスになっています。

ロボアドバイザー報告 42週目

画像は上からトータルの順位の順番となっています。

 

 

ウェルスナビ42週目

テオ42週目

 

楽ラップ42週目

 

グラフ42週目

 

 

 

詳細30週目迄

 

詳細42週目

スポンサーリンク

 

 

コメント

お疲れ様です。
先週もロボアドは望み通りの横横になっています。
全体的に
1,512円1,347円とマイナスが続いた後に
2,480円388円とプラスが続いたことにより
この4週間のトータルがマイナス6円と
完全横横な感じです。

順位的には今週はウェルスナビのみがプラスで
そのプラス幅も大き目でしたので
3位から1位に一気に返り咲いた状態です。
テオは逆に大きめのマイナスを出してしまい
いつも通りの中間的な動きを見せた楽ラップとの
差を150円までに縮められ
ウェルスナビが頭1つリードで
テオ、楽ラップは僅差の2位、3位の形に
なりました。

世界的にも経済活動への復帰を模索している状態
になってきましたが
今だに明確な対処方が確立されたわけでは
ありませんので
いろんな意味で油断は禁物ですが
ロボアドの実力が出てくる頃かとは
思っていますので
この先には期待が持てるような気がしています。

それでは皆さんも、手洗い、うがい
十分な栄養と睡眠をこころがけましょう。

ではではお疲れ様でした。

今までロボアドバイザーのページ
ロボアド 10週目
ロボアド 20週目
ロボアド 30週目
ロボアド 31週目 最高値はこの週です。
ロボアド 35週目 最低値はこの週です。

ロボアド 39週目
ロボアド 40週目
ロボアド 41週目

 

スポンサーリンク

ここより下は常備掲載文になります。

全て100,000円スタート
入金日は2019/7/21

ルール
運用ルールですが基本何もしない入れっぱ投資です。
ウェルスナビと楽ラップは1番ハイリスク、ハイリターン設定
テオは設定ないのか?わかってないだけか?
とりあえずそのままです。
楽ラップはTVT機能(損失の緩和機能)は個性の1つと思い
付けることにしました。
図式としては米国ETF海外ETF日本ETFの感じです。
細かいこと気にせず純粋に数字だけ参考にして下さい。

ウェルスナビは緑の文字部分(−だと赤字)に22円のズレがあります。
これは1度出金した後に入った配当金等が残っていた為です。
今回は調整して10万円スタートになっていますので
黒文字部分をみていただくとありがたいです。
緑文字数字は−22円か0.2ドルすると正確な数字になります。

 

スポンサーリンク

各社説明

ウェルスナビ
米国ETFで運用
手数料
3,000万迄年1.08%
3,000万超年0.54%
長期割あり
最低投資額 10万~

もっと詳しくウェルスナビ知りたい方は
資産運用HACKSウェルスナビのページ
他サイトですがロボアド、ソーシャルレンディングを
詳しく解説してくれています。

テオ
海外ETFで運用
手数料
3,000万迄年1.08%
3,000万超年0.54%
最低投資額 1万~

楽ラップ
国内投資信託で運用
手数料
固定報酬型(年最大1.372%~1.6816%)
投資顧問料+管理手数料+ファンド費用
成功報酬型(年最大1.272%~1.5816+運用益の5.4%)
投資顧問料+管理手数料+成功報酬ファンド費用
約2%の運用成果がでると固定報酬のほがお得
約70%が固定報酬型を選択しています。
最低投資額 10万~
TVT機能(損失の緩和機能)有か無か選択可能
メリット:大暴落時持ち株比率を抑えて損失を抑える
デメリット:相場が大暴落後の好転時に乗り遅れる可能性あり

詳細はロボアドバイザー各運用会社のサイトでご確認下さい。

 

スポンサーリンク


コメント