立会外分売 はごろもフーズ 2831

立会外分売文字画像立会外分売

立会外分売 はごろもフーズ 2831

東証2部 信用
【食料品】
『シーチキン』はツナ缶のトップブランド。
パスタ、ペットフードも展開。
国内外に協力工場網

実施目的 分布状況の改善及び流動性の向上

評価 C スタンス 6:4 参加

発表日 11/15 実施予定日 11/22~26

分売枚数 400(発行株式に対する割合0.39%) 

申込上限 10

発表日終値 3155円

前日終値 3105円 割引率 3.0%
分売価格 3012円

予想PER    14.14 実績PBR 0.87
業種平均   32.5           1.63
(11/16終値時点での東証1部、食料品の平均)
東証2部、食料品の平均PERは43.98倍/20社

配当 50円 1.58%

優待 3月 9月 500株以上
   3000円相当の自社製品詰め合わせ
   3年以上の継続保有で5000円相当に

業績 

 2020/032021/032022/03(会社予想)
月数121212
売上高8285283347 0.6%68000 -18.4%
営業利益30673412 11.2%2200 -35.5%
経常利益34023910 14.9%2700 -30.9%
当期利益23162976 28.5%2100 -29.4%

減収減益見通し
11/05 経常損益を上方修正
2Q 経常利益81.3%

スポンサーリンク

コメント

発行株式に対する割合は0.39と低い
分売枚数は400枚と少ない
流動性は発表前の10日平均で4.7枚とかなり低い

枚数は少ないのですが流動性もかなり低い
業績は減収減益見通しですが復調の兆しも
株価には割安感がある
株価位置は狭いレンジの下値圏にある

スタンス
流動性は低いが枚数も少ない分売
値嵩株ですがレンジ幅も狭く
現状はレンジの下限にある状態です。
板の薄さから状況は簡単に変わりそうですが
リスクはそれほど高く見えず
朝の確認はしたほうが無難ですが必須には感じない
条件が良ければ利益は出そうで
中長期もありな方はリスクも減ると思いますので
参加もありと思います。
正直なところ昨年と同じように価格帯の割には
なんともな結果になりそう
資金に余裕がある方は微益狙いにもありです。

過去の立会外分売

 分売枚数 上限割引率 分売価格始値高値安値終値
2020/11/26400 102.97% 31003100311530953105

参加、不参加は実施日の8:10までに予定のページに記載します。
前日にこの分売に対する考え等も
予定のページに記載しています。

間近に実施の立会外分売
ゲームカード・ジョイコホールディングス 6249
フライングガーデン 3317
兼房 5984
ハウスフリーダム 8996
ヒューマンホールディングス 2415
オープンドア 3926

立会外分売 お勧め証券
立会外分売 2021上半期 ベスト10 ワースト10
立会外分売 2020 ベスト10 ワースト10
立会外分売 過去実績一覧2019/5/~

 

スポンサーリンク

コメント