立会外分売 兼房 5984

立会外分売文字画像立会外分売

立会外分売 兼房 5984

東証2部 信用
【金属製品】
工業用機械刃物の専業メーカー最大手。
木工用に強い。
金属用の拡大を推進。配当性向3割メド

実施目的 流通株式比率の向上
     分布状況の改善及び流動性の向上

評価 C スタンス 6:4

発表日 11/10 実施予定日 11/17~19

分売枚数 1340(発行株式に対する割合0.94%) 

申込上限 40枚

発表日終値 709円(ザラバ中の発表、直前約定値)

前日終値 685円 割引率 3.36%
分売価格 662円

予想PER  8.96 実績PBR 0.42
業種平均  18.7           0.89
(11/12終値時点での東証1部、金属製品の平均)
東証2部、金属製品の平均PERは24.15倍/28社

配当 24円 3.39%

優待 なし

業績 

 2020/032021/032022/03(会社予想)
月数121212
売上高1898416032 -15.5%18700 16.6%
営業利益1391465 -66.6%1650 254.8%
経常利益1251627 -49.9%1680 167.9%
当期利益780448 -42.6%1100 145.5%

増収増益見通し
経常利益進捗率 2Q 45.1%

スポンサーリンク

コメント

発行株式に対する割合は0.94と低い
分売枚数は1340枚と少なめ
流動性は発表前の10日平均で38.2枚と低い

流動性は低く分売枚数に対して不安は残る
業績は増収増益見通し、前期から大幅回復
株価には割安感はある
株価位置は8月の上昇後の高値圏にあったが
分売の発表後にその後のレンジの中央値に

スタンス
流動性は低いが枚数が1340枚で対発行株式比も低い
業績も回復している状態で
株価にも割安感があり配当も高め
既に調整が入っていますので
普通に参加できそうですが
発表日当日に付けた660円に
もう1度調整してくれるとありがたい
同日に他に2件ありますが
ここが1番参加しやすい
配分の期待は微妙な枚数

過去の立会外分売は確認できません

参加、不参加は実施日の8:10までに予定のページに記載します。
前日にこの分売に対する考え等も
予定のページに記載しています。

間近に実施の立会外分売
ハウスフリーダム 8996
ヒューマンホールディングス 2415
オープンドア 3926
PR TIMES 3922

立会外分売 お勧め証券
立会外分売 2021上半期 ベスト10 ワースト10
立会外分売 2020 ベスト10 ワースト10
立会外分売 過去実績一覧2019/5/~

 

スポンサーリンク

コメント