立会外分売 ジェイテックコーポレーション 3446

立会外分売文字画像立会外分売

立会外分売 ジェイテックコーポレーション 3446

東証1部 売禁
【金属製品】
研究・実験施設向け高精度X線集光ミラーと
各種自動細胞培養装置が2本柱の研究開発型企業

実施目的 プライム市場への上場を検討した結果
     当社株式の分布状況の改善及び流動性の向上

評価 C スタンス 5:5 不参加より

発表日 4/5 実施予定日 4/12~16

分売枚数 2,500(発行株式に対する割合4.27%) 

申込上限 30枚 

発表日終値 3,610円

前日終値 2,970円 割引率 2.49%
分売価格 2,896円

予想PER 128.79 実績PBR 8.55
業種平均 PER 21.15 PBR 1.09
(業種平均は04/6時点の東証1部のデータです。)  

配当 0円 ー%

優待 なし

業績 売上高40.5%営業利益4200.0%
   経常利益597.1%当期利益918.8%
   増収増益見通し
   経常利益進捗率2Qで−122.4%
   4Q偏重業績

スポンサーリンク

コメント

発行株式に対する割合は4.27%と高い
分売枚数は2,500枚と程々
流動性は発表日からの10日平均で156.9枚と低め

流動性は低く分売枚数に対して不安がある量
業績は下期偏重で増収増益見通しですが
コンセンサスは会社予想ほど高くない
株価には割高感がある状態で
株価位置は分売発表後に調整が入った為に
最近の安値圏にある

スタンス
貸借銘柄で流動性の低さをカバーと思ってしましたが
売禁になってしまいましたので厳しい分売になりそう
対発行株式比の高い値嵩株で流動性も低い状態
上値は重くなってくると思われ
もう少し調整が入らなければ何ともならなそう
現状のまま実施日をむかえるとリスクの高い案件にみえます。
流動性の改善、前日にも調整が入り
朝の買い板の様子も良ければ参加しますが
無理をする必要はないと思います。
ボラティティの高い相場が続いていますので
地合いによっては参加もありえますが
どちらかというと不参加より

過去の立会外分売はありません。

参加、不参加は
当日朝の8:10迄に予定のページに記載します。
前日にこの分売に対する考え等も
予定のページに記載します。

間近に実施の立会外分売
フェイスネットワーク 3489 
ギグワークス 2375 
菱洋エレクトロ 8068

立会外分売 お勧め証券
立会外分売 2020 ベスト10 ワースト10
立会外分売 過去実績一覧2019/5/~

 

スポンサーリンク

 

コメント